体の水分を意識した生活が健康に結びつく理由

人間にとって「水分」は、生きていく上で「栄養」と同じように最も重要なものの一つです。

人間の体には、成人ならば体重の約60%もの水分が含まれており、人間の体のほとんどが水でできていると言っても過言ではないほど体と水は深い関係性なのです。

体の水分が十分でなくなってしまうと、いったいどのような症状に陥ってしまうのでしょうか?

体の水分のたった約2%の水分がなくなると喉が渇き、約5%の水分がなくなると頭痛や脱水症状、熱中症になると言われています。

そんな「体の水分を意識した生活が健康に結びつく理由」についてお話していきたいと思います。

全身を絶えず循環して酸素や栄養分を細胞に届ける

体の中の水分は「体液」と呼ばれ、全身を絶えず循環し、酸素や栄養分をしっかり隅々にある細胞に届ける役割を果たしています。

水分が全身を循環することで体内の老廃物を尿にして体の外に排泄させ、さらには体温が上がってしまったときは、皮膚への血液の循環を増やし、体温を下げるための役割も果たします。

そして、体温を一定に保つために水分を汗として出し、熱を逃すのも水分の大切な役割の1つです。

さらに、体液の性状を一定に保ち、新陳代謝がスムーズに行われるように、環境維持のコンディションを整える働きもあり、生命の維持を適切に保ちます。

水分は溶液の流動性に関わる粘性が低いため、滞る血液の流れを円滑化し、このことで血液が血管をスムーズに流れるようになり、健康的な生活ができるわけです。

体内の水分量のバランスが崩れると脱水症状が起こる

毎日水分を摂取することで尿や汗となり、体外に排出しますが、健康な人には排出された分を水で摂ることで体内の水分量を一定に保つことができるという機能が体に備わっています。

活動量が少ない成人男性であっても、1日に必要な水分量は約2.5リットル。そのうち1.2リットルは料理やドリンクなどから摂取しています。

しかし、この必要な水分量が足りないと体内の水分量のバランスが崩れてしまい、脱水症状を起こすことがあります。

また、体内の水分と電解質の両方を失った時、塩分を摂らずに真水だけを飲んだ場合は倦怠感や立ちくらみなどが起こりやすくなるなど、健康被害を起こしやすくなるのです。

体内の水分の5%を失うと、脱水症状ばかりではなく熱中症の症状が現れ、10%失うと筋肉のマヒや循環不全、20%失うと死に至ります。

そのため、水分摂取量が足りないと血漿浸透圧が上昇しやすくなり、腎臓病にかかりやすくなったり、ひどいのどの渇きに悩まされるなど、日々の生活に支障をきたすような健康障害や、思わぬ事故につながるリスクに繋がってしまうのです。

水分「体液」の電解質は生命維持に重要な役目がある

体内に流れる水分である「体液」には、細胞の正常な機能を支える電解質が含まれていますが、この電解質は体液の浸透圧を維持したり、筋肉の収縮と弛緩などの生命維持にとても重要な役目を保ちます。

そして、細胞が正常に機能するよう体を弱アルカリに保てるよう、電解質は体液の濃度を常に7・35から7・45の弱アルカリ性にするために余分な酸を排出する機能を果たし、正常な細胞の機能を保つのです。

このように、水分は人間の健康維持に欠かせないものとなっています。水分と電解質のバランスを考えて補給することで正常な体の働きを維持し、健康に過ごせる身体を作り上げます。

健康な成人で1日あたり約2.5リットルの水分が必要

健康を維持するためには、健康な成人で1日あたり約2.5リットルの水分を摂ることが必要です。胃に負担がかからないよう何回かに分けて水分を摂るようにし、こまめに水を飲む週間をつけることで日々の生活を健康的に過ごすためには大切。

また、お風呂に入ったり、就寝中は汗をたくさんかきますので、起床時はコップ一杯の水を飲むように心がける事も重要なのです。

水分を十分に摂ることで「美容」にも良い影響を与える

ランウェイをカッコよく歩くトップモデルたちが、一日に何リットルもの水を飲んでいるということを聞いたことがある人は多いかと思います。

年齢を重ねていくことで体の中の水分量は減少していきますが、こまめに水を飲み体の水分量を常に十分な状態にすることで、様々な良い影響が生まれます。

・血液量が増加し血液中の水分濃度も高まることで肌荒れを防ぐ

・リンパの流れが良くなり身体に溜まったている老廃物を輩出してくれることで肌荒れを防ぐ

・十分な水分が常にあることで肌細胞を維持でき、若々しい肌を保てる

水分摂取を意識するだけで、上記のような肌への良い影響が期待できるのです。

まとめ

今回は、体の水分を意識した生活が健康に結びつく理由について解説してきました。

体の水分(体液)は、全身を循環し酸素や栄養を各細胞に届けるという重要な役割を担っていますし、美容にも高い効果があります。

体の水分が不十分になると、脱水症状を起こし重大な健康障害を起こす可能性が高くなるのです。

朝起きた時やお風呂から出た後などには、必ずコップ一杯の水を飲んだり、気温の高い日には塩分と一緒に水分を取るといった方法を徹底し、体の水分が不十分にならないように心がけましょう。

それ以外でも今の時期(冬場)は水分を摂取されない方が多くいます。

冬の時期もちゃんと水分を摂取することをおすすめします。

店舗営業時間のご案内

滋賀県大津市中央3丁目8-9クリエイトマンション102(一階テナント)

077-572-6023

営業時間(最終受付17時)
9時~12時 12時~18時
日のみ ▲9~12時まで ▲9~12時まで

店舗までのアクセス