子供の心配性

「心配」という感情は、決して悪い感情ではなく、危険を予測して回避したり、他者を思いやることができるといったメリットがあります。

しかし、やはり「過度の心配」は常に緊張状態でいることになる為、本人の精神的にも良くありませんし、家族や友達にも精神的な負担を与えてしまいます。

心配性の子供は意外と多く、全体の20%程度の子供が度合いは違えど心配性に該当するとも言われているのです。

もしも自分の子供が心配性だった場合、あなたはどう接してあげますか?

頭ごなしに上から目線で言ってしまうと、子供の心配性を改善させるどころか、より神経質にさせてしまう可能性すらあるのです。

そんな「心配性の子供に対して親はどう接してあげれば良いのか?」という疑問についてお話していきたいと思います。

子供の心配性と感じる時

子供が心配性になってしまう要因となるのは、対人や引っ越しや新学期などといった「環境の変化」によってスイッチが入ってしまうケースがあります。

また、ショッキングな出来事があった際も、同じく心配性が引き起こされてしまう可能性があるのです。

子供が心配性になってしまうと、以下のような症状が現れる可能性があり、お父さんお母さんはお子さんが「いつもと違う」と感じられたら、何気なく(遠回りに)聞いてみるもの一つなります。

・学校が敏感になり、登校したがらない

授業で先生に質問され答えられなかったり、掃除や給食の準備などを上手にできず怒られてしまうかもしれないといった心理に陥り、落ち込み登校することが嫌になる場合があります。

・学校に持っていくものなどを何度も確認したり、親に聞いてくる

前日に持ち物を確認してランドセルに入れたにも関わらず、朝登校する直前まで忘れ物がないか不安になり何度も確かめてしまう場合があります。

・親に怒られると思い、家の中でも消極的

本来は、外で消極的でも家の中では自然体でいられるはずですが、不安症の子供は安心できる家族がいる家の中でも消極的になっている場合があります。

・エレベーターやトンネルなどで、「もし閉じ込められたら」と感じ、精神的に不安定になる

「もしエレベーターに閉じ込められたらどうしよう」「このトンネルを通っている間に地震が起きて崩れてきたらどうしよう」といったように、限りなく確率の低い心配をよくしてしまう場合があります。

・人前で話すことがとにかく苦手で、上手く話せなかったり顔が赤くなってしまう

一般的に子供は人前で話すことが苦手です。

それは、話すことを脳内で組み立てて上手に話すことがなかなかできない年齢であることから「成功体験」を経験していないからです。

しかし、不安症の子供は、頭の中が真っ白になってしまったり、オドオドしてしまう、場合によっては泣き出してしまうほど、必要以上に人前で話すことに対して抵抗感を感じてしまいます。

・手が汚れているような気がして必要以上の長い時間を掛けて手を洗う

手を洗い始めると、手に付いたばい菌が落とし切れていないような気がするという不安から、必要以上に手を洗い続けてしまう場合があります。

心配性の子供に対する親の接し方

もしも自分の子供が心配性かもしれないと感じたならば、一人で何とかしようとせず、情報を集めながら親や兄弟や仲のいい友人に相談してみてもよいと思います。

・可能な限り「安心できる環境」を用意してあげる

・親が動揺していると子供が余計に不安になるので、親は常に冷静を心掛ける(子供は親の背中を見ています)

・同じ地域に住む「子どもを持つ親」と繋がり、コミュニケーションを取るのも一つの方法です

・子供の得意なことをやらせて自信を付けさせる

・「楽しみだね」「ワクワクするね」というようなポジティブな言葉をよく使うようにする

この中でも、特に重要なのは「同じ境遇の親や友達」という存在です。

親が一人で問題を抱え込んでしまうと、精神的にも肉体的にも負担が大きくなり、結果的に子供にその辛さが伝わってしまいます。

親自身の気持ちの負担が少しでも整理整頓できれば、子供への対応も冷静に行うことができるので、結果的に子供に安心感を与え不安症を軽減させていくことができるのです。

まとめ

今回は、「心配性の子供に対して親はどう接してあげれば良いのか?」という疑問についてお話してきました。

子供が心配性の場合、本人自身も精神的に辛いと思いますし、家族や友達といった周りの人にも負担を与えてしまう可能性が出てきてしまうのです。

親としては、安心できる環境を作ってあげることはもちろん、同じの子供を持つ親とのコミュニケーションを作る、子供の得意なことを徹底的にやらせて自信を付けさせるといった工夫も必要です。

そして何より、親自身がパニックにならずに冷静でいるということが最も重要だと言えるでしょう。

なかなか相談ができなくて一人で悩んでいるのでしたら、抱え込まず当院にご相談ください。

店舗営業時間のご案内

滋賀県大津市中央3丁目8-9クリエイトマンション102(一階テナント)

077-572-6023

営業時間(最終受付17時)
9時~12時 12時~18時
日のみ ▲9~12時まで ▲9~12時まで

店舗までのアクセス