頭痛になりやすい人の特徴や痛みを楽にするための方法

皆さんが悩まされている症状の一つ「頭痛」まさに国民病と呼ぶべきと思います。

日常生活の中で、頭が痛いという事はありませんか。

何気ない事かもしれませんが実は、日本国内で「頭痛」に悩まされている人は、(症状が軽い人も含む)約3,000万人いると言われています。

なぜ人はこれほどまでに頭痛になりやすいのでしょうか?

そして、もしも頭痛になってしまった場合は、どのような方法で症状を軽減すれば良いのでしょうか?

頭痛の種類やなりやすい体質の方や痛みを軽減するための方法をお伝えしていきます。

※頭痛は、病的なところから引き起こす症状の場合もあります.まずは病院に行かれることをおすすめします。しかしながら病院行っても「問題無し」「異常がない」という場合は違う方向から見る事も大事な事です。参考にしていただけると幸いです。

まずは、頭痛には種類がある。

そこで、チェック項目とご自身に当てはまるか確認してみましょう。

頭痛の種類とチェック項目

頭痛と言ってもいくつかの種類があり、それぞれ違った症状を伴います。

では、見ていきましょう。

片頭痛

以下の項目が複数当てはまるようならば、「片頭痛」である可能性があります。

頭の片側だけズキズキと脈打つように痛む

視界の中にキラキラした光が見える場合がある

空腹を感じやすい

あくびがよく出る

脱力感や痺れを感じる

対処法としては、頭をつめたいタオルなどで冷やしたり、部屋を暗くして冷やす、カフェインを適量摂取するといった方法が効果的と言われています。

※ただお風呂に入ったり、頭・首・肩をマッサージしてしまうと、血管を拡張させ逆効果になってしまう場合もありますので注意が必要です。

緊張型頭痛

以下の項目に当てはまる人は、「緊張型頭痛」である可能性があります。

頭の両側が締め付けられるように痛む

頭が痛む時間が長く、1日~1週間程度続く

月に何度も痛む

痛みの強さはそこまで大きくなく、日常生活は何とかこなせる

対処法としては、首や肩、頭をマッサージをする、蒸しタオルをあてたり半身浴をするなどして血行を良くしていきます。

気分転換をすることで痛みが軽減される場合もあります。

群発性頭痛

以下の項目に当てはまる人は、「群発性頭痛」である可能性があります。

目の周りやおでこ、こめかみ辺りが激しく痛む

数週間から数ヶ月頭痛が続く

目の奥に痛みが生じる

目の充血や涙が出やすくなる

毎日同じような時間帯に頭痛が起こる

対処法としては、落ち着ける場所に移動してゆっくりと深呼吸をするという方法が有効です。

混合型頭痛

頭が締め付けられるような痛み

定期的にズキズキと強く痛む

吐き気を伴う

このように、片頭痛や緊張型頭痛の両方の症状が現れる場合には、「混合型頭痛」であると考えられます。

混合型頭痛の場合は、その症状が「片頭痛寄りなのか緊張型頭痛寄りなのか」によって対処法が変わるので、しっかりと見極める必要があると言えるでしょう。

頭痛と関連する筋肉とは

頭痛の中でも、「緊張型頭痛」は特に筋肉の張りやコリが関連していると言われています。

前述した頭痛の種類で最も多いのがこの頭痛で、約2000万人ほど存在すると言われています。

側頭筋

こめかみと耳の上を結ぶ部分から後頭部へと連なる頭皮化の筋肉

後頸筋群(赤丸部分のところとイメージしてください)

※イラストを探しましたがありませんでした(^^;

僧帽筋

首から背中にかけて伸びる肩甲骨を動かすための筋肉

これらの筋肉の張りやコリが原因となって頭痛が起こる事があります。

頭痛になりやすい人の特徴

この、緊張型頭痛になりやすい人の特徴としては、デスクワークや運転といった「長時間の同じ姿勢」や、「姿勢の悪さ」などが挙げられます。

現代では、PCやスマホ操作をする機会が多いため、どうしても前傾姿勢になりやすく、首や肩、背中、腰への負担が大きくなってしまいがちなのです。

他にも、「枕の高さや硬さ」や「運動不足」や「筋肉の緊張」なども原因として考えられます。

もしもこれらの原因を改善したにもかかわらず頭痛が続く場合には病的な事以外の場合「精神的なストレス」「天気による頭痛」「季節の変わり目」などの可能性も考えられると言えるでしょう。

頭痛を軽減させるストレッチ

群発性頭痛の場合には、安静にしてゆっくりと深呼吸をするというような方法が有効ですが、緊張型頭痛かなと思う場合には、ストレッチをすることで症状を軽減することが可能です。

基本的には、首や肩、肩甲骨、ムネ、後頭部という広範囲の筋肉をストレッチして、張りやコリを少なくしていきます。

・両肩をすぼめるようにして上げから、ストンと力を抜いて下に落とす(3回ほど繰り返す)

・両腕を脱力させた状態から、両肩に力を入れて背中の中央部分に寄せ、一気に力を抜いて元に戻す(3回ほど繰り返す)

・手のひらを内側にしたまま上に向かって両腕を伸ばし、拳を握り肘を落として背中の中央に寄せ3秒ほどキープする(5回ほど繰り返す)

・立った状態から両手を机などに置き、腰から頭を前側に折り曲げ20秒ほどキープ(2回ほど繰り返す)

・両手の指を肩に置き、後ろから前に向かって10回ほど回す(同じように前から後ろに向かって10回ほど回す)

・耳を両手でつまみ横に引きながら、30秒ほど回す(終わったら耳たぶも同じ要領で回す)

・両手の手のひらをこめかみ付近に押し当て、圧力をかけた状態で上に30秒ほど持ち上げる

・両手を頭の後で組み後頭部部分に押し当て前にゆっくりと引っ張り30秒ほどキープする

・両手を腰の後ろで組んで(もしくは腰に手をあてる)首を大きく左右10回ずつ回す

いきなりこれらのストレッチをするのではなく、まずは首や肩をもみほぐしてから行うとより効果が期待できるはずです。

筋肉の緊張をとるマッサージや整体

前述に述べた筋肉の緊張により、血液の流れが悪くなり頭痛を起こしている可能性があります。

そこで、凝りなどを緩和する整体やマッサージにより軽減する場合も多くあります。

頭痛を和らげる食べ物

頭痛の症状が出ると、痛み止めを服用したり、冷やす、温める、ストレッチを行うといった対処療法を思い浮かべ、実際に行う人が多かったりしますが、「食べ物」によって軽減できるケースもあります。

特に良いとされているのが、「マグネシウム」や「ビタミンB2」を含んだ食品です。

ひじきやワカメなどの海藻類

黒豆や納豆、豆腐などの豆類

アーモンドなどのナッツ類

ほうれん草

マグネシウムは上記の食品に多く含まれています。

ウナギ

レバー類

牛乳やヨーグルトなどの乳製品

卵類

ほうれん草

アーモンドなどのナッツ類

黒豆や納豆、豆腐などの豆類

ビタミンB2は、上記のような食品に多く含まれています。

頭痛になる頻度が多かったり、症状が重いという人は、これらの食品を積極的に食べるようにしてみましょう。

片頭痛の場合はカフェインで症状を軽減できる場合もあり

コーヒーなどに含まれるカフェインを摂取すると、血管が収縮するので片頭痛が軽減できる可能性があると言われています。

しかし、これはあくまでも片頭痛の症状に良いというだけで、緊張型頭痛の場合には逆効果となってしまう可能性があるので注意が必要です。

また、片頭痛であっても、カフェインを摂り過ぎると逆効果となってしまうので、飲む場合には適量に留めておきましょう。

頭痛と言ってもその種類は様々で、複数の頭痛を併発している可能性もあることから、あまり自分で決めつけて対処せずに一度病院を受診してみるというのも良い選択肢だと言えます。

病院で診断された場合には、ここで挙げたような様々な対処法を迷いなく実践できることでしょう。

特にこれからの時代は更にIT化が進み、必然的に姿勢が悪くなってしまう可能性が高まります。

ぜひ対処法だけではなく、姿勢を良くしたり運動習慣を付けるといった努力も行っていきましょう。

店舗営業時間のご案内

滋賀県大津市中央3丁目8-9クリエイトマンション102(一階テナント)

077-572-6023

営業時間(最終受付17時)※日曜・祝日は前日までのご予約の方のみになります
9時~12時 12時~18時
日・祝日 ▲9~11時まで ▲9~11時まで

店舗までのアクセス